盗作とオリジナルの境界とは?~様々な手法から知る作品への眼差し~

近年、さまざまな世界で話題になっている盗作・パクリと言った問題。他人の著作物を模倣するのは良いことではない…だれもがそういった認識は持っているでしょう。しかし、その一方で境界線が微妙でわかり辛いのも事実です。 - 二次創作物は盗作に入るか?

二次創作物は盗作に入るか?

二次創作物は著作権を侵害している?
盗作や著作権の問題といえば、日本では、二次創作物がひとつのコミュニティを形成するほど、広まっています。興味のない方々のために説明しますと、「二次創作物」とは原作の設定やキャラをもとに創作された作品群のことです。

創作物のなかには原作の雰囲気にそったオリジナルキャラクターを登場させたり、複数の原作の設定やキャラをミックスしたものもあります。なかには原作のガワだけを用いた、まったく別作品と言えるようなものもあるそうです。

基本的には、作品のファンたちがおこなうものであり、二次創作物には原作へのリスペクトがあります。ですが、だからといって問題ないかといえば違い、存在自体はかぎりなく黒に近いグレーのものだと言えるでしょう。

にも関わらずなくならないのは、原作の宣伝効果になる、同人活動であるかぎりは著者が黙認するから、という理由があります。ようするに、二次創作者の分別と原作者の善意によって成立している文化だと言えるでしょう。

ですから、商業的に損害をこうむるような事態に発展すれば、とうぜん著作権の侵害となる可能性があります。近年はこのグレーゾーンの問題を解消するため、二次創作を公認する「同人マーク」などが発案されているそうです。