盗作とオリジナルの境界とは?~様々な手法から知る作品への眼差し~

近年、さまざまな世界で話題になっている盗作・パクリと言った問題。他人の著作物を模倣するのは良いことではない…だれもがそういった認識は持っているでしょう。しかし、その一方で境界線が微妙でわかり辛いのも事実です。 - 許可制や資格で手法を確立!

許可制や資格で手法を確立!

明確なルール作りで騒ぎはなくなる!
盗作を防ぐための方法は、考えだせばいくらでもありますが、確実に数を減らすには、いくつかの手法を資格にするのがいいでしょう。具体的には、コラージュやパロディを行うために、試験で合格しなければいけないようにします。

資格とすることで、どのようなつかい方が著作権に触れるかがわかるようになり、コラージュ素材も正しく用いられるようになるでしょう。そして、無資格のものがやっていた場合は厳しく取り締まるようにしていきます。

ストリートアーティストは激減するかもしれませんが、些細な問題です。この世から、盗作の疑いがあるものを減らすのに、大いに役立つでしょう。また、オマージュなどに明確な規定を作るというのもいいかもしれません。

オマージュする際は、オマージュの許可を申請するよう義務づければ、たとえ「盗作だ」と騒がれたとしても、問題はないはずです。すでにオマージュとして認められている証拠があるのですから、誰もが認めざるを得ません。

作品の手法にたいしてルールを設けるのは大変でしょう。しかし、資格などを作り整備することで、作り手も見る側も今よりずっと安心して作品に向き合えるはずです。未来の作家たちのためにも、早くルールを作るべきでしょう。